コストダウンのご提案

良い設計は必ずコストを下げる!

包装設計のムダは、コストのムダ。

包装資材の価格を引下げただけではコスト削減の効果は数%ほど。大幅なコスト低減は出来ません。
弊社は包装設計の変更によるコスト低減のご提案をしております。それだけでなく、包装設計が変われば、
製造の工数、 物流全般のコストにも影響します。コスト削減をお考えなら、まずは包装設計の見直しを!

包装設計チェックシート

  • 包装設計を頼みたいが、どこに頼んで良いのか分からない。
  • 包装設計に人員・経費を割けず、自社の商品開発部が包装を設計している。
  • 物流の基準がなかなかクリアできず、結局発泡スチロールを多用している。
  • 取り引きのある段ボールメーカーに任せているが対応に不満がある。

ひとつでも当てはまった方は、エ・ル・デザインにご相談ください!コストダウンのご提案をさせていただきます!

包装資材毎に各資材メーカーへ発注していたため、調達口座が複数発生。注文~支払いまで、各資材メーカーごとの対応が必要。当社の仕入チャンネルで最安価のメーカーにベストマッチングします。

包装に必要な資材を、手配から納品までエ・ル・デザインが一括管理するため、複数あった調達口座をエ・ル・デザインだけに集約することができます。そのため、煩雑になりがちだった管理コスト(発注から納品、支払いまで)が削減できます。

包装資材メーカーは生産量が減るため、自社製品のコストダウン提案には積極的ではありません。そのため包装資材のコストダウンはいつまでも進まないまま。

エ・ル・デザインは自社工場を持たないため、目先の利益に捕われることなく、大胆な資材の削減(コストダウン)や合理化をご提案いたします。

お客様のご要望を聞き取り、何度も社内で打ち合わせを重ね、ベストなご提案をさせていただきます。

包装設計データベースに長年蓄積されたノウハウに基づく技術力と、自社工場を持たない利点を生かした柔軟な視点で、従来の資材メーカーでは満足できなかった部分をフォロー、積極的に新しい技術も取り入れ提案しますので、包装仕様のレベルアップが確実に図れます。

実際にコストダウンの設計を行った事例をご紹介します!詳しくはこちらをクリック!